2020年4月24日
株式会社いおう化学研究所
代表取締役社長 森邦夫

抗菌・抗ウイルス効果が期待できる
分子接合技術を使ったマスクに関するお知らせ

当社は、分子接合技術をもとにマスク素材に抗菌・抗ウイルス効果が期待できる銅めっきや銀めっき加工をしたマスクの開発を開始しました。既に分子接合技術を使って静電気対策、電磁波シールド、発熱体、スマートテキスタイル注1による生体情報センシング、及び抗菌を目的に様々な繊維に密着性が優れた金属めっきの開発を進めており、新型コロナウィルスの感染拡大防止などを目的にマスクへの応用開発を加速します。

1. 分子接合技術とは

分子レベルの化学結合により、モノとモノとを強固に接着、接合、めっきができるイノベーティブな技術で、ICタグやプリント配線板などの電子機器で採用実績があります。

2. 分子接合技術を使ったマスクの特徴

  1. 素材を選ばす銅めっきや銀めっきが可能
    マスク素材であるポリプロピレン、ポリエステル、ポリウレタンなど素材を選ばず抗菌・抗ウイルス効果が期待できる銅めっきや銀めっきが可能です。
  2. 簡易な製造工程
    既存のマスク素材に分子接合処理とめっきをするだけなので、金属繊維を編み込む工程に比べ工程が簡易でコスト低減が見込めます。
  3. 素材の柔軟性を生かせる
    銅めっきや銀めっきの厚みは非常に薄いことからマスク素材の柔軟性を生かすことが可能です。
  4. 洗濯に耐えられる耐久性
    化学結合によるめっきにより強固な密着が得られ、洗濯に耐えることが可能です。

3. 今後の事業の展開

分子接合技術を使ったマスク、及び抗菌・抗ウイルス製品の応用開発を加速するとともに、様々な企業と連携し、開発受託、技術ライセンス、分子接合技術の関連材料販売を事業として推進してまいります。

4. 本件に関するお問い合わせ先

  • 株式会社いおう化学研究所
  • 住所: 〒020-0066
  • 岩手県盛岡市上田四丁目 3番 5号 盛岡市産学官連携研究センター
  • TEL: 019-601-2610
  • E-mail:
  • ※マスクの開発は製造、販売会社との連携を予定しており、
  •  弊社での販売の問い合わせは受け付けておりません、ご了承ください。

注1: 一般の繊維素材では得られない新しい機能を備えたテキスタイル素材、既存の機能を
  新規の技術で得るテキスタイル素材

銅めっきを施したマスクのサンプル

銀めっきを施したマスクのサンプル